スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ帰還、7年越しの祝い酒「虎之児」も開封(読売新聞)

 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を祝って、佐賀県嬉野市の井手酒造がオリジナル日本酒「虎之児(とらのこ)」を造り、14日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のはやぶさプロジェクトチームに贈った。

 同機構では、人工衛星や探査機を打ち上げる際、ユーモアを込めた日本酒のラベルを作るのが慣例。同チームは2003年5月にはやぶさを打ち上げた時、虎之児のラベルを作り、これを張った日本酒を井手酒造に特注した。はやぶさが、遠い小惑星から岩石を持ち帰る任務に挑むことから、「虎穴に入らずんば虎児を得ず」の格言にちなんだ。

 それから7年。危機を乗り越え、3年遅れで実現した帰還を祝って、今回は井手酒造が自ら「虎之児」を復刻し、プレゼントした。

 同チームの川口淳一郎教授は、突然のうれしい贈り物に「日本にカプセルが無事帰ってきたら、こちらも開封させていただきたい」と笑顔で語った。

菅首相「なぜ問責決議案が出るのか理解できない」(産経新聞)
会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
亀井氏が閣僚辞任へ(時事通信)
ふくせん、11月に一般社団法人に改組(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

「首相支える」「長い目で見て」=続投支持相次ぐ―各閣僚(時事通信)

 民主党内で鳩山由紀夫首相退陣論が拡大しているのに対し、閣僚からは1日午前の閣議後の記者会見で、続投を支持する発言が相次いだ。
 「ポスト鳩山」に名前が挙がる菅直人副総理兼財務相は「首相を支える立場に変わりない」と強調。前原誠司国土交通相は「首相がころころ代わるのはいかがなものかと思う」と指摘し、仙谷由人国家戦略担当相は「(首相が)代わることは全く想定していない」と語った。
 首相批判は、参院選を控えた参院の労組出身議員が口火を切り、党内で広がった経緯がある。自動車総連出身の直嶋正行経済産業相は「長い目で見てもらい、鳩山内閣としてさらに努力していく」と首相を擁護。千葉景子法相は参院選に向け「特効薬はない」と語った。
 参院選に4選を目指して出馬予定の北沢俊美防衛相は「選挙の時はいろんな話が出てくる」と受け流した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
閣僚席次、福島氏辞任で変更

北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
国控訴で原告団「生きる道閉ざすな」 石綿訴訟(産経新聞)
<官製談合>宮崎前知事の公訴棄却 最高裁決定(毎日新聞)
地域交付金、抜本見直しを=省庁版事業仕分けで―内閣府(時事通信)
社民連立離脱「信念で乗り切るしかない」 鳩山首相(産経新聞)

「入院基本料を適正な水準に」―永生会・安藤氏(医療介護CBニュース)

 夏の参院選比例代表候補で民主党からの出馬を表明している医療法人社団永生会の安藤高朗理事長は5月22日、日本病院会の代議員会・総会後にあいさつし、「入院基本料を適正な水準に引き上げることが日本の医療に一番大事だと思っている。現場の声をきちんと吸い上げて制度政策に反映していきたい」と意気込みを語った。

 安藤氏は、▽医療崩壊を防ぐ▽医療や介護の質を上げる仕組みをつくる▽医療機関や介護施設の経営をよくする-必要性を強調。2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定で、「(報酬を)10%以上上げていかないと日本の医療と介護に未来はない」と述べた。
 また、「医療と介護に関しては、超党派でいいものをつくることが大事」とし、「民主党や安藤高朗を応援するのではなく、『日本の病院党』をご支援いただきたい」と呼び掛けた。

 みんなの党から出馬する清水鴻一郎前衆院議員もあいさつし、「限られた医療費の中で、これをこちらに付け替えるということではもうやっていけない」と述べ、医療費全体を引き上げる必要性を強調。医療を守るため、みんなの党の公約では医療費対GDP比を6年間で12%、自身の公約としては4年間で10%の医療費引き上げを目指すと説明した。


【関連記事】
参院選で安藤氏ら5人の推薦を決定―日病の政治連盟
財政健全化、成長戦略など4本柱を追加-民主マニフェスト企画委
参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦-日精協政治連盟
診療・介護報酬の「大幅引き上げ」盛り込む―自民・公約原案
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定

<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
<外交文書>作成後30年「原則自動公開」 外務省が新規則(毎日新聞)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)

臓器移植・提供の普及啓発促そう―「Gift of Lifeプロジェクト」発足(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の全面施行を控え、より多くの人に臓器移植に関心を持ってもらおうと、臓器移植の関連団体などでつくる「Gift of Lifeプロジェクト委員会」(委員長=寺岡慧・日本移植学会理事長)が5月19日、東京都内で記者会見を開き、同委員会の意義や今後の活動内容を発表した。

 同委員会は4月に発足。移植学会や移植コーディネート協議会など、臓器移植の関連団体の代表者ら7人で構成する。7月17日の改正法の全面施行に向けて、六本木ヒルズを会場にさまざまな催しを開き、臓器移植や提供への理解を促すのが目的だ。
 改正法では、臓器提供に際しては本人の意思確認が不可欠だった従来の制度から、本人の意思が不明でも家族の書面による承諾で提供できるように変更される。また、これまで対象とならなかった15歳未満の小児からも新たに臓器の提供が可能になるため、移植を待つ患者に対してドナーが圧倒的に不足している日本の移植医療が大きく変わるとみられている。
 記者会見で寺岡委員長は、「1人でも多くの人に現状を正しく理解してもらった上で、臓器移植や提供について考え、意思を持つことの大切さを知ってほしい」と述べた。
 会見には、家族からの提供による腎移植を経験した演歌歌手の松原のぶえさんも同席。人工透析を受けながら歌手活動をしていた時の体調管理の苦労や、その後の腎移植によって、元の生活を取り戻すことができた感謝の気持ちなどを語った。松原さんは、「わたしは移植によって、再び新しい人生を歩き始めることができた。ぜひ、臓器移植を自分のこととして考え、家族と話してみてほしい」と訴えた。


【関連記事】
臓器移植ネットに「思い切った普及啓発活動を」―省内仕分け
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で

70代男性が輸血でA型肝炎に感染(医療介護CBニュース)
<殺人>庭先で腹刺され70歳男性が死亡 岩手(毎日新聞)
今度は「麗子」像! 傾く=両さん壊されたばかり―東京・亀有(時事通信)
移送のアホウドリが巣立ち=小笠原・聟島(時事通信)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)

「日米同盟深化へ協議」=外交・安保公約-民主素案(時事通信)

 民主党の外交・安保作業チーム(安住淳座長)は10日、参院選公約の外交・安保に関する部分の素案をまとめ、党マニフェスト企画委員会に提出した。昨年の衆院選公約の「緊密で対等な日米同盟関係をつくる」との表現に加え、日米安保条約改定50周年に当たり「日米同盟をさらに深化させるための協議を進める。今後30年から50年先を見据え、日米同盟を深めていく」と記し、日米関係を重視する姿勢を明確にした。
 在日米軍再編に関しては、米軍普天間飛行場移設問題には直接触れず、「米軍再編や在日米軍基地の在り方についても、引き続き見直しの方向で臨む」と衆院選と同様の表現とした。 

ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード(産経新聞)
法律相談めぐり綱引き 「士業」が連携サイト、弁護士増に対抗(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)
<志位委員長>普天間移設「無条件撤去を」 米で日本部長に(毎日新聞)
司馬さんの庭 新装(産経新聞)
プロフィール

Author:こうだまさはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。